二俣川技能試験/難しい普通二種攻略ポイントAコース

未分類
Pocket

二俣川の技能試験で普通二種免許取得を応援するサイトです。

二俣川で普通二種免許を一発で取得したいと思う方は多いと思います。

しかし、二俣川での免許取得は噂通りとても難しいです。

でも私は何とか1回目の試験で合格することができました。

(教習所には通いましたが)

ここでは二俣川技能試験、路上普通二種の注意点をお伝えします。

普通二種の技能試験コースはA~Fの6種類あります。

交通法規の縛りや現職の警官が隣にいるという緊張感。

これだけで運転というものが非常に難しいと感じてしまいます。

ここではAコースを走行する上での注意点をお伝えします。

 

二俣川技能試験、路上に出る前に

路上での課題は転回1回、停車3~4回行います。

その他交通法規にのっとった運転が試されます。

適切な速度、合図や安全確認、一時停止などです。

かなり細かいところまで採点対象です。

技能試験は一般道路だけではありません。

試験場内コースでの課題をクリアしないといけません。

鋭角、縦列駐車、切り返し。

この中で2課題が出されます。

この課題で減点超過すると路上に出ることができません。

申し訳ありませんが、ここでは試験場内での課題は割愛させていただきます。

 

二俣川技能試験/普通二種Aコース出発点

この写真の車両は実際に試験で使用される車両です。

(画像は一種の技能試験で使用される車両、ニ種は別の車種)

最初に技能試験を行うスタート場所に停車しています。

注目して欲しいのは停車場所の車道と歩道との距離感です。

試験場構内から路上技能試験スタート場所までは試験官が運転します。

つまり写真の車両は試験官が停車させた車両なのです。

運転席に乗車する前に車両の周囲を確認します。

ドアの開閉も丁寧さを意識した方が良いと思います。

そして、ブレーキペダルを踏みながらエンジンを始動。

基本的に運転以外の動作も採点対象です。

細かい動きにも気を配りましょう。

 

転回

Aコースでの展開場所です。

ガードレールが切れた場所があります。

その場所と車両後部を合う場所で停車すると良いといわれています。

この場所なら前方後方からの車両が見えやすいのです。

この画像には前方にトラックが止まっています。

これでは前方から来る車両が確認できません。

このような状況もあるという事でこの画像を載せました。

試験官も理解しています。

対向車が来ても落ち着いてしっかり目視確認しながら行いましょう。

 

試験場前直進注意点

試験場前を二俣川駅方面への直進です。

この画像では速度だけ注意すればよいと思いませんか?

しかし、試験の時間帯により障害物が発生します。

多いものが停車車両、バスです。

追い越すときはミラー、合図、目視を忘れずに

そして追い越し時の対向車との距離。

対向車を止めてしまったら一回でOUTです。

そして歩道を歩いている歩行者の存在です。

歩行者同士がすれ違う時、いきなり車道に降りてくる時があります。

その時歩行者に近づきすぎると減点の可能性があります。

歩行者が多い時は警戒する必要があります。

 

停車指示の可能性がある場所1

この場所付近で停車指示の可能性があります。

この場所で停車する時の注意点は何でしょう?

それは右に入る交差点の存在です。

交差点前後5mは駐停車禁止です。

上手に停車することに気を取られないようにしましょう。

間違えて止めてしまったら1回で試験終了と思ってください。

 

鋭角の交差点左折

この交差点を左折することになります。

左折前には車線左側に寄ることになります。

横断歩道を渡る歩行者も多いです。

曲がる前の前後確認は忘れないようにしましょう。

ここでハンドルを切ることが遅れると大回りになります。

反対車線にはみ出る可能性もあります。

これも減点対象です。

出来るだけコンパクトに曲がるようにしましょう。

 

自転車や歩行者の追い越し

この道路は30km制限の直線です。

速度超過にならないように考えてしまう場所です。

しかし、ここは意外と歩行者や自転車が多いです。

追い越すときに速度超過する可能性があります。

特に自転車は追い越すことが難しいです。

自転車を追い越すときは速度超過に注意です。

追い越さないという選択肢もあります。

追い越し時には合図を忘れないようにしましょう。

 

がんセンター入り口付近

横断歩道を渡る歩行者に注意です。

歩行者が電柱で隠れている場合があります。

歩行者がいる場合は手前の停止線で確実に止まりましょう。

完全に止まらないと徐行扱いとなり減点です。

 

停車指示の可能性がある場所2

左の建物の前は停止指示の可能性があります。

この建物の前は一見歩道のように見えます。

しかし、歩道ではありません。

歩道と勘違いして白いラインを越えて停止すると減点です。

奥にバス停があります。

停止に気を取られてバス停に近づきすぎないように注意です。

バス停から半径10ⅿ以内は駐停車禁止です。

 

停車指示の可能性がある場所3

試験場コースの裏側にある直線道路です。

この付近は停車指示の可能性があります。

青い車付近に交差点があります。

5ⅿ以内に停車しないようにしましょう。

ここは路側帯があります。

ラインを越えて停車しないでください。

 

信号がない交差点1

この交差点はこちらが優先です。

歩行者や対向車が無い場合は徐行して進むことができます。

この場所はバス停があります。

バスから降りてきた人が多い時があります。

そして横断歩道付近に立っている場合があります。

横断歩道近くに人が立っているときは、まず一時停止です。

渡るか渡らないか、わからないときはとりあえず一時停止です。

歩行者が先に行っても良いと伝えてくる時があります。

それでも歩行者を先に渡らせるようにしてください。

これが道路交通法規に基づいた行動なのです。

 

停車指示の可能性がある場所4

バス停がある交差点を右折すると画像のような上り坂です。

この坂の途中で停車指示の可能性はかなり高いです。

この場所は路側帯が1mほどあるそうです。

なので、車道の端に停車すると間違いです。

いきなり路側帯の中に入るのも間違いです。

まず、白線の車道側で一時停止をします。

そして安全確認をした後に路側帯に進入します。

0.75m以上の余地を開ける事になっています。

路側帯の中に入りすぎても減点の可能性があります。

坂道発進になります。

動作が複雑になりますが、ゆっくりと確実に行いましょう。

また時間帯によっては下校する児童も多いです。

交差点では歩行者等を警戒しながら走行しましょう。

 

停止指示の可能性がある場所5

さらに直進した所に交差点があります。

その交差点を通過すると左手に公園があります。

その公園の前でも停車する可能性があります。

この路側帯も幅広です。

停車可能性のある場所4と同じ要領で停車しましょう。

坂道発進ではないので、4よりかは簡単だと思います。

 

信号が無い交差点

公園を越えて直進するとこのような交差点です。

この交差点を左折することになります。

ミラーや目視での確認を確実に行いましょう。

左折するときは大回りしすぎないようにしましょう。

 

見通しが悪い交差点

この交差点はミラーがありません。

難所の一つです。

右側から来る車両等が非常にわかりにくいです。

進入中に右側から来た車両を止めてしまい減点という話も多いです。

停止線で確実に一時停止、左右確認します。

ゆっくりと左右方面が見える位置まで移動します。

前のめりになって確認すると少しだけ見えやすいです。

この時に少しでも車両が見えたら停止します。

見えなければ素早く加速をして通り抜けます。

 

消防署までの下り坂

先の見通しが悪い交差点を通過すると下り坂です。

先程の交差点を加速して抜けている状態だと思います。

この場所は制限速度30kmです。

速度超過しやすい場所ですので注意が必要です。

ギアをセカンドに入れることも考慮しましょう。

 

消防署前の交差点

坂を下ったら消防署前の交差点を右折します。

ここは消防署の陰から歩行者等が出てくることがあります。

いつ歩行者等が出てきても対応できる心構えが必要です。

 

目標物への停車

この場所での課題は、ほぼ間違いなく指示されます。

画像中央の街路灯を左後部ドアに合わせる必要があります。

停車前に街路灯を見ながら行ってはいけません。

わき見運転で減点です。

しっかりと前を見て停車します。

ここは感覚勝負的なところがあります。

でも、私は外している人を見たことはありません。

落ち着いて行えば問題ないと思います。

 

バス通りまでの直線

街路灯の課題を終えるとバス通りまでの直線です。

この区間は信号が無い交差点が続きます。

人や車は多くはないです。

でも、横から自転車等が出てくることを想定してください。

時間帯によっては小学生が下校しています。

歩道上にいない児童に注意してください。

 

バス通りへの交差点

バス通りに出る交差点です。

この場所は意外と見通しが悪いです。

私と一緒に試験を受けた方はここでブレーキを踏まれました。

停止線で確実に停止、左右確認。

左右の歩道と前方の横断歩道を警戒。

ハンドルを左に切りながらゆっくりと前進。

(切らないと大回りになる可能性があります)

歩行者等が見えたらその都度停止。

右側から車が来て左折できなさそうであれば待つ。

行けそうであれば素早く加速して左折。

左右に気を取られやすいです。

前方の横断歩道の確認やハンドルを切りながら前進を忘れずに。

 

バス通り

交差点を左折すると起伏が大きい直線に出ます。

この道路は時速30㎞制限です。

速度超過しやすいです。

長い下り坂はギアをセカンドに入れる必要があります。

信号が無い交差点が多いです。

歩行者も横断歩道の近くに立っていることが多いです。

横断歩道の近くに人がいるときは必ず一時停止です。

渡らなそうな雰囲気を出していても一時停止です。

横断歩道がある交差点は止まるものと考えてください。

 

停車指示の可能性がある場所6

この画像付近での停車指示の可能性があります。

この場所の注意点は交差点が手前にある事です。

交差点から5m以内は駐停車禁止です。

画像奥にバス停が見えます。

バス停から半径10m以内は駐停車禁止です。

ここの停車場所は1本目と2本目の木の間しかありません。

タイミングを逃すと減点です。

こういった意地の悪そうな課題が必ず出されます。

 

停車指示の可能性がある場所7

ガソリンスタンドがある金が谷交差点を右折します。

右折すると下川井インター方面へ向かいます。

やや下り坂です。

速度制限30㎞なので速度超過に注意です。

この区間でも停車の可能性があります。

黒い車が止まっている場所あたりから次の交差点までです。

この区間の路側帯は1m以上の幅があるそうです。

なのでこの区間での停車も2段階で行います。

停車指示のある場所4と同じ要領で行ないます。

 

下川井インター付近

左の茂みから自転車等が出てくる場合があります。

あまり来ませんが、来るという前提で行動しましょう。

ここでの左折も小回りを意識する必要があります。

しかし、車体が植物に当たると減点の可能性があります。

 

速度が出る直線

下川井インター付近から中原街道を西に進みます。

交差点からしばらくは上り坂です。

強くアクセルを踏んで素早く加速します。

制限速度は60kmです。

遠慮すると速度不足で減点になるかもしれません。

トンネルを入る前に前照灯を点灯させます。

トンネルを出たら消します。

途中から下り坂になります。

速度超過に注意しましょう。

 

Aコースゴール手前

画像は中原街道からゴール地点に入る手前です。

青い案内標識の下付近から左へ車線変更します。

車線変更する前に減速はしません。

車線変更後に減速します。

しかし減速できる区間が短いです。

急ブレーキにならないようにしましょう。

 

Aコースゴール地点

Aコースのゴール地点です。

電柱付近に停車します。

停車後はパーキングやサイドブレーキ操作をします。

そしてフットブレーキを踏みながらエンジンを切ります。

そして試験官に報告し試験終了です。

 

まとめ

二俣川技能試験、普通二種路上Aコースの紹介でした。

技能試験での運転は難しいし、勝手が違ってきますね。

合格への近道は練習をこなすことだと私は思っています。

私は教習所に通っていました。

しかし、それだけでは足りないと思っていました。

教習が無い日も二俣川技能試験コースを回りました。

この練習の成果は大きかったです。

時間に余裕があるときにお勧めです。

予想外の事態が発生することが多い技能試験です。

でも、回数をこなせば難しさは少なくなります。

対応力が高くなります。

この画像を見てイメージトレーニングになれば幸いです。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました